保育理念

愛情あふれる保育

人間に対する尊厳と尽きせぬ愛情を持ち続けて、子どもが身も心も、ゆたかにすくすくと伸びて成長するように、愛情あふれる保育を行う。

幼児の生活環境並びに保育の仕方が、その子の人となりひいてはその子の将来の決定に、どんな役割を持つものであるかを 身をもって思い知る私たちであります。それ故に、私たちはどんな困難、どんな障害にあっても、人間に対する尊厳と尽きせぬ愛情を持ち続けてその幸せを願い、私たちの子ども、私たちの園児が身も心も清く、ゆたかにすくすくと伸びて行きますように、すべての保育の場を童心に対する愛情でうずめ尽くす信念であります。(創設者の言葉)

創設者 福田豊作は早稲田高等学校の教頭の職を定年後、乳幼児期の生活・教育こそが人格形成、その子の人生の基礎になるとの思いから、昭和36年に小平の地で保育園を開園しました。創設者の言葉にある「すべての保育の場を愛情でうずめ尽くす信念」をもって、保育をすることを法人として大切にしています。乳幼児期に自分は愛されているという実感をもつことが、自己肯定感を育みます。大切にされて自分を大切にすることを知り、周囲の人への信頼感をもつことが周囲の人、物、社会を大切にすることにつながります。どんな時代であっても自分らしく社会と関わって生きていく上で根本となる重要なものです。保育実践を続け半世紀を超えましたが、今の時代だからこそ丁寧に取り組んでいきたいと考えています。

保育方針

  • 一人ひとりの子どもの気持ちに寄り添い、子どもが安心して生活できる環境を整え、子どもたちが心身ともにゆたかにすくすくと成長発達するよう援助します。個性を大切にその子らしく生き生きと遊び、生活できるようにします。
  • 家庭と連携を取りながら見通しをもってその子の発達を捉えられるようにします。保護者が「ほっ」とできるような温かい園であるよう努力するとともに、職員の専門性を高めて保護者を支えます。
  • 地域のニーズに合わせて子育て支援に積極的に取り組みます。関係機関との連携を大切にし、子どもや保護者に対して適切な援助をします。様々な人が集う機会をつくって園児との交流を行い、みんなで子育てをする地域をつくります。
  • 保育目標

    元気な子ども

    • たくさん身体を動かして遊び、おいしく食べて、よく眠る
    • 興味関心をもって主体的に遊び、目をキラキラさせて活動に取り組む
    • よく笑い、感情表現が豊かで、友だちと仲間と一緒が楽しい!うれしい!と感じる

    自分を表現できる子ども

    • 安心できる環境の中で全てを受け入れてもらい、自分らしく存在し自分の感情を出す
    • 遊びこむ経験、豊かな実体験を重ね、イメージをもって自ら表現する
    • 友だちとの関わりの中で葛藤、自己主張を経験し自分のことばで思いを表現する

    やさしい子ども

    • 自分が好き、友だちが好き、人が好きという経験をたくさんする
    • 身近な自然に触れ感じる経験を重ねる中で、感情を豊かに育み、大切にすることを学ぶ
    • 友だちと遊び関わる中で、相手の思いに気づき思いやり育ちあっていく

    挑戦する子ども

    • 好奇心探究心をもって遊びこみ、「やった!」という経験を重ね、認められほめられて自信をつけて意欲的になる
    • やってみたくなる環境の中で、自分で考える経験をし、できなくてもあきらめずにやってみようとする気持ちを育む
    • 友だちと一緒に取り組む経験をし、一人ではできないことを仲間とやり遂げる達成感を感じ喜び合う

    ひかり保育園で大切にしていること

    乳幼児期は人間形成において大切な時期です。愛情をもって丁寧に保育を行います。
    同年齢や異年齢の友だちと一緒に遊び、共に生活する中で、自分の思いを表現し友だちを思いやり、互いに協力し合う気持ちを育みます。保育園だからこそできる経験を通しての心の育ちを大切にしています。

    保育園と家庭が理解し合って、一緒にお子さんの育ちを考え成長を喜び合いながら、連携していきたいと考えています。保護者と職員が力を合わせて保育園生活をより楽しいものにしていけたらと思います。

    子どもを中心に、保護者も地域の方も園に集う人が、「ほっ」とあたたかい気持ちになって互いに元気をもらえる、子どもと言葉を交わし様々な体験を通して心を通わせることができる、地域に根ざした保育園を目指しています。